自動車税

自動車税をいつ払うか?月割りについての情報を掲載します

自動車 税金 確定申告

自動車を売却して税金が生じるとき、確定申告が必要になります。 売った年の次の年の2月16日~3月15日までに確定申告書を税務署に提出しなければなりません。 その際に困らないよう、売った先からもらった資料は全て残しておきましょう。

自動車 税金

自動車を売った場合には税金がかかります。 所得税、住民税がかかるのです。 といっても、必ずかかるわけではありません。 ある一定の金額の儲けが出た時に税金の納税義務が生じるのです。 なので、車を売ったときには税理士さんや売ったお店に税金の確認な…

自動車税 還付金 消費税

自動車税の還付金の経理処理を行うとき、消費税はどうなるのか? 自動車税に関しては消費税は対象外となります。 そのため、消費税を計算する際には一切関係ない形になります。

自動車税 クレジットカードを使ったお得な納付方法

自動車税は今ではクレジットカードでも納付できますが、 お得な納付方法があるようです。 こちらに掲載されていました。 こちら → 自動車税のクレジットカードでのお得な納付方法

自動車税 還付金 所得税法上の処理

自動車税の還付金、所得税を計算するうえでの処理はどうすべきか? もし、事業用の車でしたら所得税法上、雑収入とすべきです。 還付金は納め過ぎた自動車税を訂正するものですので、 経費に含まれている自動車税をマイナスする意味でも雑収入となります。 …

自動車税 経費

自動車税は所得税の事業所得の計算上、経費にすることが出来ます。 この場合に気を付けるのは事業供用割合を乗じなければならないことです。 個人事業主の場合は車=家事用、事業用の供用であることが多いはずです。 なので、自動車税も事業用、家事用に分け…

自動車税 売る

自動車税は車を手放せばもちろん課されません。 しかし、4月1日の時点で所有権が離れていないといけないので、 仮に売っても名義変更が4月1日までに終わらなければ通知が来てしまうので 気を付ける必要が有ります。

自動車税 免除 障害者

障碍者の方の自動車税の免除について。 こちらに詳しく掲載されています。 こちら ⇊ 障害者の方が使用する自動車の減免 - 神奈川県ホームページ

自動車税 名義変更

自動車税の名義変更手続き、普段はしないことなので実際にやるとなると手間がかかりそうですね。 そういうときのために役に立ちそうなページがありました! こちらです → 自動車の名義変更 | 車の名義変更手続き案内

自動車税 消費税

自動車税には消費税が含まれているか? 個人事業者や会社の経理の方は確認しなければならないことだと思います。 自動車税には消費税はありません。 というか基本的に税金は消費税は対象外、いわゆる不課税です。 租税公課勘定で処理してしまえば自動で不課…

自動車税 新車

新車を購入したら自動車税の納税義務があります。 その場合は年額でなくて取得から3月までの月数になります。 新車を購入したら必ず払ことになるので忘れないように気を付けましょう。

自動車税 勘定科目

自動車税の勘定科目は何で処理するか? 自動車税の場合は租税公課勘定で処理することになります。 個人事業者の場合は納付額のうち、事業共用割合が租税公課、 あとは事業主勘定となりますので注意です!

自動車税 エコカー減税

エコカー減税はグリーン化税制と環境対応車普及促進税制の二つを合わせたものであり、環境に優しいから、という理由で毎年の自動車税を安くしてもらえます。 反対に古い車には税金が重く課される措置があるので、気を付けたいところですね。

自動車税 早見表 月割り

自動車税の早見表、月割りのものがこちらにあります。 年の中途で自動車を購入した方は参考にしてもらえればと思います。 こちら→ 自動車税月割税額表

自動車税 減税 いつまで

自動車税の中でエコカー減税はいつまでか? 平成29年4月30日までに新車登録をすれば受けられることとなります。 新車登録の日ですので、お間違えのない用にしたいところです。

自動車税 住所変更 電子申請

自動車税の住所変更、場所によっては電子申請を受け付けてくれるところもあります。 電子申請なら自宅から1歩も動かずに住所変更が出来ます。 役所まで行くのが遠い方、仕事などでなかなか行けない方にはおすすめです。

自動車税 重量税 違い

自動車税と重量税の違いは? 自動車税は毎年払う地方税で重量税は車検の時に払う国税です。 そういった意味では全く違うものであることが分かります。

自動車税 いつから

自動車税はいつから払うことが出来るのか? 基本的に税金は期限まで納付すればいつからでも払うことはできます。 ただし、自動車税の場合はお役所が金額を賦課決定しなければ払えませんので、 いつからと聞かれれば納付書が来てから、という回答になるでしょ…

自動車税 還付 軽自動車

自動車税の還付についてですが、自動車税は年の中途で廃車処分したりすると還付されます。 しかし、注意点があります。 それは軽自動車の場合です。 軽自動車の場合は自動車税の金額が僅少です。 それゆえに自動車税は年の中途で軽自動車廃車にしても還付さ…

自動車税 13年 早見表

自動車が新車登録から13年経過すると自動車税は割増しになります。 割増し後の自動車税はいくらになるのか? こちらに早見表があるのでご参考にどうぞ! 自動車税早見表

自動車税 月割り 納付

自動車税は基本的には月割りで計算されています。 そのため、年の途中で廃車にしたりすると還付が生じます。 では、そもそも月割りで払うことはできるか? 残念ながらそれはすることが出来ません。 もし、金銭的な事情があるのなら納付先に事前に相談した方…

自動車税 納税義務者

自動車税の納税義務者は言うまでもなくその自動車の所有者です。 いつ時点の所有者であるのか? それは、その年の4月1日時点の所有者なのです。 なので、4月2日に売却して所有権が移っても自動車税を納付しなければなりません。 しかし、そのような場合…

自動車税 納付

自動車税の納付は基本的に送られてくる納付書をもって行います。 基本的には金融機関に行くことになりますが、最近はコンビニで納付できるものも増えていますね。 納付書の裏面などに納付方法が書いてありますので、納付しやすい方法で納付するとよいでしょ…

自動車税 原付

原付の自動車税は軽自動車よりもさらに低くなります。 金額にすると2400円~3700円です。 自動車税を払うのが負担となったらこちらに切り替えるのも検討したほうがいいのかもしれません。

自動車税 還付 仕訳

自動車税が還付されたときの仕訳について。 自動車税が還付されるということは当然入金されるということです。 そのため、借方は入金された預金の勘定科目で問題ありません。 貸方ですが、こちらは2通りあります。 1つは租税公課にする方法。 払った税金が…

自動車税 納税証明

自動車税の納税証明は自動車税を請求している県税事務所などの役所に行くことで請求することが出来ます。 窓口に請求に行く際は 自動車のナンバープレートの番号、自動車の車台番号、登録名義人の住所、氏名をメモなどして持っていくようにしましょう。

自動車税 軽自動車

自動車税、軽自動車はいくらになるか? 自家用の軽自動車税の自動車税は7200円か10800円となっています。 新車登録が平成27年4月以降だと10800円となり それ以前だと7200円となります。 それでも普通自動車よりもはるかに安いので良い…

自動車税 住所変更

引っ越しなどで住所変更された方は自動車税の住所変更手続きをする必要があります。 変更手続きはどのようにするのか? 自動車税を徴収している役所に行って手続きをするか、インターネットで手続き出来るところもあるようです。 役所のホームページで確認す…

自動車税 月割り

自動車税は年の中途で取得・手放した時は月割り計算で納付額が決められます。 つまり、1年分払っていても、3月しか所有していなければ、9月分は還付されることになるわけです。 還付は基本的に振込なので、どの口座に還付金を入金させるかを決めておいた…

自動車税 クレジットカード

自動車税はクレジットカードで納付することが出来ます。 ただ、コンビニや金融機関ではクレジットカード納付はできません。 PCやスマホで手続きをすることでクレジットカード払いが出来るようになりますので、お手続きをすることが必要です。 ポイントも付…