自動車税

自動車税をいつ払うか?月割りについての情報を掲載します

自動車税 いつから

自動車税はいつから払うことが出来るのか?

基本的に税金は期限まで納付すればいつからでも払うことはできます。

 

ただし、自動車税の場合はお役所が金額を賦課決定しなければ払えませんので、

いつからと聞かれれば納付書が来てから、という回答になるでしょう。

自動車税 還付 軽自動車

自動車税の還付についてですが、自動車税は年の中途で廃車処分したりすると還付されます。

しかし、注意点があります。

 

それは軽自動車の場合です。

軽自動車の場合は自動車税の金額が僅少です。

 

それゆえに自動車税は年の中途で軽自動車廃車にしても還付されないこととなります。

なので、軽自動車を所有している方はその点には気を付ける必要があります。

自動車税 13年 早見表

自動車が新車登録から13年経過すると自動車税は割増しになります。

 

割増し後の自動車税はいくらになるのか?

こちらに早見表があるのでご参考にどうぞ!

 

自動車税早見表

自動車税 月割り 納付

自動車税は基本的には月割りで計算されています。

そのため、年の途中で廃車にしたりすると還付が生じます。

 

では、そもそも月割りで払うことはできるか?

残念ながらそれはすることが出来ません。

 

もし、金銭的な事情があるのなら納付先に事前に相談した方が良いでしょう。

本当に払えない事情があるのなら何か措置を取ってくれる可能性はあります。

自動車税 納税義務者

自動車税の納税義務者は言うまでもなくその自動車の所有者です。

いつ時点の所有者であるのか?

 

それは、その年の4月1日時点の所有者なのです。

 

なので、4月2日に売却して所有権が移っても自動車税を納付しなければなりません。

しかし、そのような場合には後々還付されますので、忘れずに所有権が移ったという手続きはしましょう。

自動車税 納付

自動車税の納付は基本的に送られてくる納付書をもって行います。

 

基本的には金融機関に行くことになりますが、最近はコンビニで納付できるものも増えていますね。

 

納付書の裏面などに納付方法が書いてありますので、納付しやすい方法で納付するとよいでしょう。

自動車税 原付

原付の自動車税は軽自動車よりもさらに低くなります。

金額にすると2400円~3700円です。

 

自動車税を払うのが負担となったらこちらに切り替えるのも検討したほうがいいのかもしれません。