読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自動車税

自動車税をいつ払うか?月割りについての情報を掲載します

自動車税 還付 仕訳

自動車税が還付されたときの仕訳について。

 

自動車税が還付されるということは当然入金されるということです。

そのため、借方は入金された預金の勘定科目で問題ありません。

 

貸方ですが、こちらは2通りあります。

1つは租税公課にする方法。

払った税金が返ってきたので、そもそも租税公課を過剰に計上していたので訂正する

といった考えです。

 

もう一つは雑収入。

適当な科目がなく、営業収入ではないので、雑収入で営業外収益にする

という考えです。

 

どちらでも問題ありませんが、後者の方が一般的な気がします。

自動車税 納税証明

自動車税の納税証明は自動車税を請求している県税事務所などの役所に行くことで請求することが出来ます。

 

窓口に請求に行く際は

自動車のナンバープレートの番号、自動車の車台番号、登録名義人の住所、氏名をメモなどして持っていくようにしましょう。

自動車税 軽自動車

自動車税、軽自動車はいくらになるか?

自家用の軽自動車税自動車税は7200円か10800円となっています。

 

新車登録が平成27年4月以降だと10800円となり

それ以前だと7200円となります。

 

それでも普通自動車よりもはるかに安いので良いのかもしれませんね。

自動車税 住所変更

引っ越しなどで住所変更された方は自動車税の住所変更手続きをする必要があります。

 

変更手続きはどのようにするのか?

自動車税を徴収している役所に行って手続きをするか、インターネットで手続き出来るところもあるようです。

 

役所のホームページで確認すると良いでしょう。

自動車税 月割り

自動車税は年の中途で取得・手放した時は月割り計算で納付額が決められます。

 

つまり、1年分払っていても、3月しか所有していなければ、9月分は還付されることになるわけです。

 

還付は基本的に振込なので、どの口座に還付金を入金させるかを決めておいた方が良いでしょう。

自動車税 クレジットカード

自動車税はクレジットカードで納付することが出来ます。

ただ、コンビニや金融機関ではクレジットカード納付はできません。

 

PCやスマホで手続きをすることでクレジットカード払いが出来るようになりますので、お手続きをすることが必要です。

 

ポイントも付くのでお得ですね!

自動車税 13年

自動車税は新車登録から13年経過すると重量税とともに割増しになります。

 

そういった意味では13年というにはある意味買い替えの節目なのかもしれませんね。

中古の自動車は3月には高く買い取ってもらえるので、今のうちに買い取ってもらうのも手ですね。

 

こちらに詳しく載ってました。

こちら → 中古車 査定