自動車税

自動車税をいつ払うか?月割りについての情報を掲載します

自動車 税金 確定申告

自動車を売却して税金が生じるとき、確定申告が必要になります。

売った年の次の年の2月16日~3月15日までに確定申告書を税務署に提出しなければなりません。

その際に困らないよう、売った先からもらった資料は全て残しておきましょう。

自動車 税金

自動車を売った場合には税金がかかります。

所得税、住民税がかかるのです。

 

といっても、必ずかかるわけではありません。

ある一定の金額の儲けが出た時に税金の納税義務が生じるのです。

 

なので、車を売ったときには税理士さんや売ったお店に税金の確認などはしておきましょう。

自動車税 還付金 消費税

自動車税の還付金の経理処理を行うとき、消費税はどうなるのか?

自動車税に関しては消費税は対象外となります。

 

そのため、消費税を計算する際には一切関係ない形になります。

自動車税 クレジットカードを使ったお得な納付方法

自動車税は今ではクレジットカードでも納付できますが、

お得な納付方法があるようです。

 

こちらに掲載されていました。

こちら → 自動車税のクレジットカードでのお得な納付方法

自動車税 還付金 所得税法上の処理

自動車税の還付金、所得税を計算するうえでの処理はどうすべきか?

もし、事業用の車でしたら所得税法上、雑収入とすべきです。

 

還付金は納め過ぎた自動車税を訂正するものですので、

経費に含まれている自動車税をマイナスする意味でも雑収入となります。

 

もちろん、自動車税から直接控除しても問題ありません。

自動車税 経費

自動車税所得税の事業所得の計算上、経費にすることが出来ます。

この場合に気を付けるのは事業供用割合を乗じなければならないことです。

 

個人事業主の場合は車=家事用、事業用の供用であることが多いはずです。

なので、自動車税も事業用、家事用に分ける必要が有るのです。

自動車税 売る

自動車税は車を手放せばもちろん課されません。

 

しかし、4月1日の時点で所有権が離れていないといけないので、

仮に売っても名義変更が4月1日までに終わらなければ通知が来てしまうので

気を付ける必要が有ります。